スポンサーサイト

2015.05.19 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

<ご報告> 治療やめました

2015.05.18 Monday



※長文です

※前向きすぎる発言に自分でも違和感がありますが、
そうでも言ってないと気持ちの持って行き場がないということでしょうか。
ランナーズ・ハイならぬ、ノー妊娠ハイという感じです。
ご了承くださいませ。笑




みなさま、お久しぶりです。

最後の投稿から3ヶ月、
細々と治療を続けていました〜。

書かなくなったのは、治療と治療の間に、
ネタがみつからず、休みグセが付いたためです…

そのまま更新せずにいたのですが、
今回、残念ながら成功せず、治療の終了を決めたので、
最後に、このブログを見てくださっている方々に簡単にご報告させていただきます。


1度目の移植が終わり、子宮鏡検査も問題なく、
というところまで書いていたのですが、

その後、移植を2度行いました。

とても簡単で申し訳ないですが、まとめます。


<移植2回目>
・2日目分割胚3個 移植
・イントラリピッドの点滴
・アトシバン、エンブリオグルーは使わず
・完全なる陰性

<移植3回目>
・2日目分割胚2個、7日目胚盤胞1個(5日目に移植) 2段階移植
・1度目移植前にイントラリピッド使用、
 2度目移植前にアトシバン、エンブリオグルー使用
・今日判定日


2度とも、子宮内膜は十分の厚み(12mmくらい)があり、
ホルモンの数値なども問題ありませんでした。


<アトシバン、エンブリオグルー>
これについては以前記載したと思いますので、
省きます。


<イントラリピッド>
イントラリピッドは、白い色の点滴です。
大豆由来の濃度の濃い栄養剤というのでしょうか。

1回めの移植にアトシバン、エンブリオグルーを使用して、ダメだったので、
何か他にできることがないのか聞いてみたところ、
これを勧められました。

ただ、その時に、
アトシバンやエンブリオグルーは効果持続が1日とか短いので、
分割胚には向いてないようなことを言われました。


1回目の移植の際に勧めてきたのは病院側ですから、
この発言にはムカつきました。

藁にもすがる思いの患者だったら、
簡単に購入、使用するからでしょうか?

ただ、自分の調査不足でもあるので、
嫌味をいう程度で済ませておきました。笑


そんなわけで、2度めの移植では、
アトシバン、エンブリオグルーは使用せず、
イントラリピッドを点滴。

3度目の移植に関しては、分割胚と胚盤胞両方だったので、
ちょっとやけくそ気味に全部のせしました〜。


ちなみに、イントラリピッドは、
移植後妊娠反応が出た場合、一度、
更にその数週間後にもう一度、点滴が必要だそうです。

これは病院によって方針が異なるようですが、
SAFEでは、そう言われました。


<判定日>
そして、今朝、
すでに自分で検査をしていたのでダメだとわかっていましたが、
確認のためと、自分に引導を渡すため、
地元のクリニックに行って、血液検査をしてきました。

結果はもちろん、陰性。

覚悟はしていたので、穏やかに受け止められました。



<卵子提供>
これで、私の凍結卵を使い果たしました。

実は、2回目の移植がダメだとわかってから、
いろいろ考えました。

子宮などに問題はなさそうで、
やはり、卵の質が良くないようだということで、
私は、卵子提供を受けることも考え始めていました。

それを行うには、タイの法律改正のため急ぐ必要がありましたので、
夫とも話をしました。


この1年、夫は私をとてもよく支えてくれていました。

彼も子供は欲しいと言っていたし、
私にとっては、彼のご両親に孫を抱かせてあげたいという気持ちも強かったです。
(彼は一人っ子、私の両親はすでに孫がたくさんいます)

バンコクへ行き始めてから特に、不妊治療にどうしても集中してしまっていて、
子供を望むことが当たり前だったので、

夫と深く話すことがなかったんだと思います。


そして、卵子提供の話をしたところ、
夫に言われました。


もちろんできたら嬉しいけど、別に子供がいない人生もいいんじゃないかと思っていた。
でも、私がやりたいなら不妊治療も協力しようと思った。
そんなことまでしなくてもいいと思う。
子供がいなくても、夫婦ふたりできっと楽しく仲良くやっていける。
もう、がんばらなくて大丈夫。
親のことは気にしなくていいから。


もしかしたら、夫は、私を慰めようと、
そんなに子供欲しくないふうに言ったのかもしれないけど、

それが彼の優しさなら、きちんと受け止めようと思いました。



<今後の治療>
これ以上の採卵については、
夫は、私の気持ちを汲んで、やめろとは言わず、
とりあえず休んだらいいよ、と言っていました。

が、私はもう、治療は一切やらないつもりです。

この1年、不妊治療に専念させてもらえて幸せでしたし、
結果は出ませんでしたが、もう十分です。



<子供のいない人生>
それから、子供のいない人生について、考え始めました。


こんなに不妊治療をしておいてなんですが、
私は昔からそんなに子供が好きな方ではありません。

もちろん、親友の子供は可愛いですし、
たまに会うくらいですから、会う度楽しんでいます。

だからといって、姪っ子・甥っ子を猫かわいがりするおばちゃんではありません。

そんな私がなんで不妊治療をしてきたのかなあ、と考えてみたら、
どうも、こんなかんじです。

1)夫に子供を抱かせてあげたい
2)両親に孫を・・・
3)女に生まれたからには・・・
4)結婚したら子供ができるっていうのが普通だから
5)子供が出来なくて(欲しいのに)かわいそうと思われるのは辛い

5)については、私の叔母がそうだったのを、子供の頃からそばで見ていて、
今になってその気持が判るような気がします。


結局のところ、なんだかどれの理由もいまいちで、
他の不妊治療をされている方に申し訳ないと思ってしまいます。

そんな私ですから、
結構、子供のいない人生について、前向きに考えることができました。


もちろん、今後、
ふとしたときに、

ああ、子供できなかったな〜

って思うこともあるんでしょうけど、

前を向いて、もっと真剣に生きていこうと心に決めました。



<現在>
とりあえず、治療をやめたので、早速、仕事の量を増やしました。

この一年で、片手ほどは費やしてしまいましたので、
それを取り戻すべく、働きます〜。


今はシンガポールにいますが、
今後日本に帰国したときのことを考えて、勉強を始めています。

かなり大変ですし無謀にも思えますが、石の上にも三年、続けて、
大黒柱である夫の精神的負担を少しでも減らしてあげられるように、
ずっと働けるやりがいのある仕事を目指して頑張るつもりです。


先日40歳になりました。

私の40歳、予定とは違って母親にはなれていませんが、
今ある幸せを大切にして、暮らしていきたいと思います。


<最後に>
こんな稚拙なブログを、今まで読んでいただいたみなさま、
本当にありがとうございました!

「タイ、不妊治療」というワード検索で、
たくさんの方に訪れていただけたようで、自分でもびっくりです。

そんな方々のお役に立てたかどうかはなはだ疑問ではありますが、

少なくとも、みなさまのおかげで私は勇気づけられました!

ありがとうございました。


不妊治療されている方、赤ちゃんを望まれている方に、
コウノトリがあらわれますこと、お祈りしております。



※今回で最後の投稿ですので、コメント欄も閉じさせていただきます。
いままでありがとうございました。